内部統制ブログ(フジタヒロキ)

経営者や内部監査室の方を対象に、効率かつ効果的な内部統制の構築のヒントをお伝えするブログです。

IR資料から会計不正を学ぼう①(卸売業、循環取引)

効果的な内部統制を構築するためには、どのような不正や誤りが発生し得るか、具体的にイメージして内部統制を構築することが必要です。自社のビジネスを一番よく知っているのは、外部の人間ではありません。内部の社員であるあなたです!会計士やコンサルタントに任せきりにしてしまってはダメです!!あなた以上に適切な内部統制を設計できる人はいません。

一方で会計士やコンサルタントが何を知っているかというと、不正や誤りの実例です。多数の実例を知ることにより、業種に応じて発生しがちな不正や誤りをよく知っているのです。
現代は情報開示が進んでいますので、不正が起これば内部統制報告書にて「開示すべき重要な不備」が明らかになりますし、第三者委員会により調査され、そのレポートも公開されます。具体的な不正事例について知る情報が揃っています!

内部統制報告書や第三者委員会の報告書を基に、不正・誤りの手段を学びましょう。

 
今回は、東証一部上場の昭光通商株式会社さんが、2017/4/25に開示した「内部統制報告書」と「特別調査委員会の報告書」を基に、循環取引の事例を学びましょう。資料は昭光通商株式会社さんのIRサイト(下記リンク)から入手しました。

IRニュース:昭光通商株式会社 2017/04/17 特別調査委員会の報告書受領に関するお知らせ


今回循環取引を行ったのは、昭光通商(株)さんの子会社の(株)ビー・インターナショナルです。

概要を1枚の図に纏めました。(省いている箇所がありますので、より詳しく知りたい方は「特別調査委員会の報告書」を読むことをお勧めします!)

ビー社さんは、レアメタルなどの素材を取り扱っている卸業者です。
図の通り、B社から珪素を仕入れてA社に販売する取引が、架空取引で実際の商品が存在しておらず、お金だけが循環する取引でした。

 

f:id:it-audit:20170521170408p:plain

 


循環取引が起きてしまった原因が3つあります。
・ビー社を通さず仕入先B社から得意先A社に商品を直送していたため、架空取引に気付くのが遅れた。
 直送取引は卸売業で通常あり得ますので、直送だからと言って必ずしも不正ではありません。しかし、不正が発生する確率が高まるため、注意が必要な取引でしょう。
・仕入先と得意先の経営者が同一であった。
 循環取引を行うためには、仕入先B社と得意先A社の協力が必須です。通常であれば、2つの異なる会社に不正の協力を持ち掛けても、協力が得られる確率は低いと思われます。今回の場合は、一人の経営者の支配下にある2社を使っていますので、不正の協力が得やすく、また関与者が少ないので不正が露見しにくいともいえるでしょう。

・社長の取引を役員がチェックしていなかった。
 上記と同じく、関与者が社長のみで、社内に関与者がいなかったため、不正が露見しにくい状況にありました。